一般民衆の生活の中から生まれた、素朴で郷土色の強い実用的な工芸。民衆的工芸。大正末期、日常生活器具類に美的な価値を見出そうと、いわゆる民芸運動を興した柳宗悦 (やなぎむねよし) の造語。「―調の家具」
昭和22年(1947)~昭和24年(1949)の民衆芸術劇場を受け継いで、昭和25年(1950)に滝沢修・宇野重吉らによって結成された劇団。リアリズム演劇の確立を目ざし、創作劇や翻訳劇などを上演。正称は劇団民芸。

[美術・音楽/日本・東洋の美術]カテゴリの言葉

[演劇・映画/演劇・映画の言葉]カテゴリの言葉

出典:青空文庫