• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

心が定まらず、関心や興味がいろいろに変わる。「―・くて何にでも手を出す」