1. 体裁をつくろうこと。もったいぶること。「―のない性格」

  1. (現代語では多く接尾語的に用いる)そのものになったつもりで、それらしく振る舞うこと。「芸術家―」「夫婦―」

    1. 「八人のそこつ者もいっぱし役者の―にて」〈滑・八笑人・四〉

  1. 気だて。性格。

    1. 「立居振舞ひ髪容 (かみかたち) 、第一―を大切とし」〈風来六部集・里のをだ巻評〉

  1. 趣向。工夫。

    1. 「屏風 (びゃうぶ) の―はどうでごぜんす」〈洒・軽井茶話〉

  1. ようす。感じ。

    1. 「まだどうか夢の覚めぬやうなお―ぢゃ」〈黄・見徳一炊夢〉

出典:青空文庫