• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

気宇壮大の解説 - 三省堂 新明解四字熟語辞典

心意気、度量や発想などが人並みはずれて大きいさま。▽「気宇」は心の持ち方、度量。「壮大」は非常に大きくて立派なさま。
句例
気宇壮大な計画
用例
酒が入ればただちに気宇壮大となる気質は父親から受けついだものであろう。<宮尾登美子・楊梅の熟れる頃>
類語
気宇軒昂きうけんこう 気宇雄豪きうゆうごう
活用形
〈―ナ〉

気宇壮大の解説 - 学研 四字辞典熟語

心構えや発想などがとても大きくて立派なさま。
注記
「気宇」は、心構え、心の広さのこと。「壮大」は、とても大きくて立派なさま。

気宇壮大の解説 - 小学館 大辞泉

[名・形動]心意気がよく度量の広いこと。構想などが大きく立派であること。また、そのさま。「気宇壮大な人物」「気宇壮大な大河小説」