• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

[動タ五(四)]

  1. 物音や話し声がして活気づく。

    1. 「むこうで人々の―・つのが聞こえた」〈志賀・和解〉

  1. それらしいようすが現れる。きざしが見える。

    1. 「初時雨いつしかと―・つに」〈・賢木〉

  1. 気持ちが態度に現れる。

    1. 「心恥づかしうおぼさるれば、―・ち給ふ事なし」〈・明石〉

  1. 気どる。もったいぶる。

    1. 「―・ち笑ふほどもさすがにをかし」〈大鏡・序〉