• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像
[形][文]けどほ・し[ク]
  1. 遠く隔たっているさま。遠く離れている。

    1. 「祇園祭の稽古囃子 (ばやし) が流を渡って―・く聞えて来る」〈風葉青春

  1. 人けがなくてものさびしい。

    1. 「いとど狐の住みかになりて、うとましう―・き木立ちに」〈・蓬生〉

  1. よそよそしい。親しみにくい。

    1. 「男子 (をのこご) にはうち解くまじきものなりと父大臣 (おとど) きこえ給ひて、―・くなりたるを」〈・少女〉

  1. なじみが薄い。

    1. 「白樫といふものは、まいて深山木 (みやまぎ) のなかにもいと―・くて」〈・四〇〉