• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

《出水の出はじめの意から》最初は勢いが盛んであるが、じきに衰えることのたとえ。

「気短かなれども、それは―のごとく、跡もなく御機嫌なほるなり」〈浮・一代女・四〉