• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

鎌倉時代の、源氏物語の注釈書。54巻。源光行親行共著。成立年未詳。原本は伝わらないが、河内 (かわち) 本の最初の注釈書で、「河海抄」などに一部分が引用されている。