1. 細いこよりにのりをひいて乾かし固めたもの。進物用の包み紙などを結ぶのに用いる。ふつう数本を合わせて、中央から色を染め分ける。吉事の場合は紅と白、金と銀、金と赤など、凶事の場合は黒と白、藍と白などとする。

[補説]結び目の形は目的によって使い分けられる。端を引くとほどけて結び直せる蝶結びは、出産・長寿など何度繰り返してもよい祝い事に、端を引いてもほどけない結び切りは、結婚・病気見舞い・弔事などの一度きりを願うものに用いる。鮑 (あわび) 結び(淡路結び)は結び切りに準ずる。
  1. 神前・仏前・御輿 (みこし) などの上部に横に張った金襴などの幕。

  1. 水引幕」の略。

  1. 鎧 (よろい) の化粧板の下の紅白2色の綾の飾り。

  1. タデ科の多年草。山野に生え、高さ50~80センチ。多少枝分かれし、葉は広楕円形で互生し、葉面に黒い斑紋がある。8~10月、細長い穂を伸ばして赤い小花をまばらにつけ、実は卵形で褐色。みずひきぐさ。 花=秋》「―の花が暮るれば灯す庵 (いほ) /鬼城

  1. 貯水池などからの水の分配を支配する責任者。

    1. 「―というのは、田に水を入れたり、堰き止めたりする役目をいうので」〈島木健作生活の探求

  1. などを水にひたして皮をはぐこと。転じて、麻の繊維。

    1. 「―の泡緒の糸の一筋に分けずよ君を思ふ心は」〈堀河百首

出典:青空文庫