• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

江戸時代、水戸藩主徳川光圀 (とくがわみつくに) の「大日本史」編纂 (へんさん) に端を発し、同藩で興隆した学派。儒学思想を中心に、国学史学神道を結合させたもの。皇室の尊厳を説き、幕末の尊王攘夷 (そんのうじょうい) 運動に多大の影響を与えた。

[日本史/江戸時代]カテゴリの言葉