• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

彫金の一派。元禄(1688~1704)のころ、常陸 (ひたち) 国水戸の彫金工明石与太夫を祖とする。高肉彫りであったが、のちは魚子 (ななこ) を特色とする。

[美術・音楽/日本・東洋の美術]カテゴリの言葉