• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

原子炉で冷却材喪失事故(LOCA)が発生した際に、原子炉を安定的に冷却するために、原子炉格納容器を水で満たす措置。平成23年(2011)3月の東日本大震災に伴う福島第一原発事故で1号機に対して冠水作業が開始されたが、格納容器から漏水し、炉心溶融が起きていたことが判明したことから、水棺の作業は中止された。

[補説]チェルノブイリ原発事故で、放射性物質の拡散を防止するために、事故を起こした4号炉をコンクリート建造物で封鎖した措置を「石棺」と呼んだことになぞらえて、この冠水措置は「水棺」と呼ばれた。