• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

《「甲陽軍鑑・一二」から》水は流れても元の海に入るし、月は西に落ちても空から離れない。本性を離れることはできないというたとえ。