《「みずちゃや」とも》江戸時代、道ばたや社寺の境内などで、茶などを飲ませて休息させた店。茶店 (ちゃみせ) 。

出典:青空文庫