• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像
[名]カワタデのこと。ヤナギタデの変種で、水中に生える。
[枕]穂状に花が咲くところから「穂」または地名の「穂積」にかかる。
    1. 「みてぐらを奈良より出でて―穂積に至り」〈・三二三〇〉