• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像
  1. 上陸してくる敵を水際で撃滅する作戦。

  1. 転じて、病原菌・害虫・麻薬などが国内にはいり込むのを防ぐこと。水際対策。

  1. 《担当の窓口を「水際2」と見立てて》一部の地方自治体で、生活保護受付の担当者が申請書を渡さなかったり、受付を拒否したりして受給者の増加を絞り込もうとするやり方をいう。