1. 水のしずくが凍って、軒下や山の岩などに棒状に垂れ下がったもの。垂氷 (たるひ) 。 冬》「みちのくの町はいぶせき―かな/青邨

  1. こおり。

    1. 「書き流すあとは―にとぢてけり何を忘れぬ形見とか見む」〈更級

[補説]書名別項。→氷柱

森荘已池の短編小説。昭和15年(1940)刊行の作品集「店頭」に収録。第12回芥川賞候補作となる。

出典:gooニュース

出典:青空文庫