永井荷風の解説 - 小学館 大辞泉

[1879~1959]小説家。東京の生まれ。本名、壮吉。広津柳浪に師事、ゾラの影響を受けて「地獄の花」を発表。アメリカ・フランス遊学後、「あめりか物語」「ふらんす物語」や「すみだ川」などを執筆、耽美派の中心的存在となる。のち、「腕くらべ」などで花柳界の風俗を描いた。文化勲章受章。他に「東綺譚」「つゆのあとさき」、訳詩集「珊瑚集」、日記「断腸亭日乗」など。→荷風忌

永井荷風の解説 - SOCKETS人物データベース

作家・脚本・エッセイスト
出生地
東京府東京市小石川区(現・東京都文京区)
生年月日
1879年12月3日 いて座
没年月日
1959年4月30日(享年79歳)
別表記
永井壯吉 金阜山人 断腸亭主人

[文学/明治以降の作家・文学者]カテゴリの言葉

出典:gooニュース