• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

二宮尊徳の報徳仕法の一。経済を立て直したのち、生活の安定をはかる報徳仕法の趣旨を、社寺や村落の組織の援助によって永遠に継続させようとしたもの。

[日本史/江戸時代]カテゴリの言葉