• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

謡曲。四番目物金春を除く各流。観阿弥作。万葉集などに取材。菟名日処女 (うないおとめ) の霊が、二人の男に愛されたために入水 (じゅすい) した故事と、死後の苦しみを語る。