• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

福岡県東部、豊前 (ぶぜん) 市と築上 (ちくじょう) 郡築上町の境にある山。標高782メートル。古くから山岳信仰の山として知られ、山伏の修験 (しゅげん) 道場として栄えた。多くの遺跡が残っており、山頂には国玉 (くにたま) 神社がある。国の史跡に指定され、耶馬日田英彦山 (やばひたひこさん) 国定公園に属する。山名の由来は仏典中のことば「菩提 (ぼだい) を求める」から。五窟 (ごくつ) 岳。

[地理/日本地名/九州]カテゴリの言葉