• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

平安後期、大江匡房 (おおえのまさふさ) が京都の二条高倉の自邸に家蔵の典籍類を収蔵した文庫。仁平3年(1153)焼失。千種 (ちぐさ) 文庫。

[日本史/平安時代まで]カテゴリの言葉