江戸後期、明和安永ごろから幕末まで、江戸で行われた文学。天明から文政のころ最盛期を迎え、読本 (よみほん) 洒落本 (しゃれぼん) 滑稽本人情本黄表紙合巻 (ごうかん) 川柳狂歌などがあり、通 (つう) を尊び、軽快・洒脱 (しゃだつ) の傾向が強い。広義には江戸時代に行われた文学をさし、近世文学とよぶが、元禄のころを中心に栄えた前期の上方 (かみがた) 文学と、後期の江戸文学とに大別するのが普通である。→上方文学