• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

江戸で発生し、流行した浄瑠璃の総称。古くは薩摩節 (さつまぶし) 金平節 (きんぴらぶし) 土佐節外記節 (げきぶし) 永閑節大薩摩節 (おおざつまぶし) 半太夫節、やや遅れて、享保(1716~1736)以降の河東節 (かとうぶし) 常磐津節 (ときわずぶし) 富本節清元節新内節などをいう。一般には、河東節以降のものをさす場合が多い。吾妻 (あずま) 浄瑠璃。→江戸節上方 (かみがた) 浄瑠璃

[演劇・映画/歌舞伎・浄瑠璃]カテゴリの言葉