[名](スル) あることが定まって動かないこと。また、信じて疑わないこと。「―心」
    1. 「一旦生きんと―したる上は」〈露伴・いさなとり〉

[副]疑いなく。きっと。必ず。
    1. 「御方 (みかた) ―打ち負け候ひぬと覚え候ふなれば」〈太平記・一六〉

出典:青空文庫