• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

決河之勢の解説 - 学研 四字熟語辞典

抑えようとしてもどうしても抑えきれないほどの猛烈な勢いのたとえ。
注記
「決河」は、川の水が堤防を破って流れ出すことで、「決壊」と同意。堤防が決壊して川の水が流れ出るときのような勢いという意から。
出典
『淮南子えなんじ』兵略へいりゃく
用例
或る重要な一線に於いて、私は、明確におろそかであった。怠惰であった。一線、やぶれて、決河の勢、私は、生れ落ちるとからの極悪人よ、と指摘された。〈太宰治・懶惰の歌留多〉
類語
破竹之勢はちくのいきおい