• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像
  1. 和歌の折句の一種。意味のある10文字の語句を各句の初めと終わりに1字ずつ詠み込んだもの。栄花物語に、「合 (あ) はせ薫物 (たきもの) すこし」を詠み込んだ「ふさかてはゆきききもゐづねてとひなばかへさ」が最初の例として知られている。くつかむり。くつこうぶり。

  1. 雑俳の一種。中の7文字を題に出して、それに上5字と下5字とをつけて1句に仕立てるもの。くつかむり。くつこうぶり。

[文学/江戸時代までの文学]カテゴリの言葉