スズキ目ハゼ亜目の魚の総称。淡水・河口から潮間帯・沿岸まで分布し、水底にすむ。多くは全長約20センチ。体は細長く、目が頭上部に並び、左右の腹びれが癒合して杯状をなすものが多い。ハゼ科の魚にはムツゴロウヨシノボリチチブウキゴリシロウオなどがあるが、特にマハゼをさす。 秋》

[生物/動物名]カテゴリの言葉

[秋/動物]の季語

出典:青空文庫