[動カ五(四)]《「湧 (わ) く」と同語源》
  1. 水などが熱せられて沸騰する。また、適当な熱さになる。「湯が―・く」「風呂が―・く」

  1. 感情が高ぶる。熱狂して騒ぎたてる。「ファインプレーに場内が―・く」「勝利に―・く」

  1. 発酵して泡を立てる。「ぬかみそが―・く」

  1. 水が激しくたぎり流れる。さかまく。

    1. 「川の―・きたる、滝の落ちたる」〈宇津保・祭の使〉

  1. 金属が熱せられて溶ける。

    1. 「(大仏ノ)御身は―・きあひて山の如し」〈平家・五〉

出典:青空文庫

出典:gooニュース