• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

治外法権の解説 - 学研 四字熟語辞典

国際法上、他国領域の中で、その国の法律や裁判権の行使を受けない特権。転じて、ある人がある特定の事柄において、他人の支配や規則などによる拘束を受けないでいられる特殊な立場。
注記
治外法権を有するのは、元首・外交使節・軍隊など。
用例
我々は電車に乗る度毎たんびに礼譲の治外法権を目撃して人間の美性が電車に傷られつゝあるを感じる。〈内田魯庵・駆逐されんとする文人〉