• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

春分に最も近い戊 (つちのえ) の日に、土地の神に供える酒。また、この日に飲む酒。この日に酒を飲むと耳の障害が治るという。 春》「―の酔ふほどもなくさめにけり/鬼城