• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

沖合・近海・遠洋で行われる捕鯨に対して、沿岸海域でクジラを捕獲する漁業。

[補説]日本の商業捕鯨では、母船式捕鯨(クジラの処理・加工設備のある母船による遠洋捕鯨)、マッコウクジラニタリクジラなどを対象とする大型沿岸捕鯨、ミンククジラを主な対象とする小型沿岸捕鯨などが行われていた。昭和61年(1986)の国際捕鯨委員会(IWC)による商業捕鯨モラトリアム以降は、規制対象外のツチクジラゴンドウクジラなどを捕獲。令和元年(2019)同委員会を脱退し、大型鯨類の捕獲を含む沿岸捕鯨を再開した。→小型捕鯨