【お知らせ】メンテナンスのため、5/26(火)10時〜15時は閲覧履歴・ブックマーク機能がご利用いただけません。
あらかじめご了承ください。
  1. 泉の水が流れ出て川をなすもの。 夏》「―陽 (ひ) の斑 (ふ) に染みぬ恋ヶ窪/八束」

  1. 《寛政(1789~1801)ころの力士泉川が得意としたところから》相撲の手の一。相手の差し手を両手で抱えるようにしてきめ、動作の自由を封じる。

[補説]河川別項。→泉川

木津川の、京都府南部を流れる部分の古名。[歌枕]

「瓶原 (みかのはら) わきて流るる―いつ見きとてか恋しかるらむ」〈古今六帖・三〉

出典:青空文庫

出典:gooニュース