泉鏡花の解説 - 小学館 大辞泉

[1873~1939]小説家・劇作家。石川の生まれ。本名、鏡太郎。尾崎紅葉の門下。繊細優雅な文体で、独特の浪漫的境地を開いた。小説「夜行巡査」「照葉 (てりは) 狂言」「高野聖 (こうやひじり) 」「婦系図 (おんなけいず) 」「歌行灯 (うたあんどん) 」、戯曲「夜叉ヶ池」など。

泉鏡花の解説 - SOCKETS人物データベース

作家・脚本・エッセイスト
出生地
石川県金沢市下新町
生年月日
1873年11月4日 さそり座
没年月日
1939年9月7日(享年65歳)

[文学/明治以降の作家・文学者]カテゴリの言葉

出典:gooニュース