• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

枝のある2本の木を柱とし、これに竿や縄などを掛け渡し、物を干すようにしたもの。はて。はさ。

「麻手ほす―の枝にゐる百舌 (もず) の静かならばや賤 (しづ) が庵 (いほ) まで」〈拾玉集・二〉