• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像
  1. 法律の適用に関する事項などについて定めた法律。明治31年(1898)施行。法律の施行期日慣習法の効力、国際私法に関する規定からなるものであったが、平成18年(2006)全面改正され、「法の適用に関する通則法」となった。

  1. 法典の中で、法律の適用関係を定めている部分。商法第1編第1章・刑法第1編第1章などの章名であったが、法改正により「通則」となっており、現在は「法例」という用語は使用されなくなりつつある。

  1. 法律上のしきたり。従来のおきて。