京都市左京区にあった寺。六勝寺 (ろくしょうじ) の一。承暦元年(1077)白河天皇の勅願で創建。金堂・経蔵・鐘蔵・講堂・薬師堂・常行堂・阿弥陀堂などの大伽藍があり、六勝寺中最大の寺であったが、鎌倉時代以後衰退、天正18年(1590)比叡山坂本の西教寺に併合された。

[宗教・思想/仏教・儒教・ヒンズー教など]カテゴリの言葉

出典:青空文庫