• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

平安末期に行われた今様歌の分類の一。和讃 (わさん) の形式で、七・五(または八・五)の4句からなり、仏教の法文について詠んだ歌。ほうもんか。

[文学/江戸時代までの文学]カテゴリの言葉

[宗教・思想/仏教・儒教・ヒンズー教など]カテゴリの言葉