• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像
  1. 人の善性に期待せず、徳治主義を排して、法律の厳格な適用によって人民を統治しようとする主張。韓非子 (かんぴし) ホッブスなどの説が代表。

  1. 絶対君主の支配を否定し、国家権力の行使は議会の制定した法律に基づかねばならないとする近代市民国家の政治原理。

[社会/政治]カテゴリの言葉