• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

京都市伏見区にある真言宗醍醐派の別格本山。山号は、東光山。通称、日野薬師・乳 (ちち) 薬師。弘仁13年(822)日野家宗が別荘を寺としたもので、開山は最澄。永承6年(1051)に日野資業 (すけなり) が堂宇を建立、戦国期に衰退するが、親鸞 (しんらん) 誕生の地として江戸時代に復興された。寺宝には、浄土教建築の遺構とされる阿弥陀堂(国宝)、阿弥陀如来坐像(国宝)、薬師如来立像(重文)がある。

[宗教・思想/仏教・儒教・ヒンズー教など]カテゴリの言葉