1. 仏語。五眼の一。諸法を見る智慧の眼。菩薩 (ぼさつ) のもつ、衆生を済度するための諸事象の真相を知るという眼。

  1. 《「法眼和尚位」の略》法印に次ぐ僧位。僧綱 (そうごう) 僧都 (そうず) に相当。

  1. 中世以後、僧に準じて医師・絵師・仏師・連歌師などに与えられた称号。

[宗教・思想/仏教・儒教・ヒンズー教など]カテゴリの言葉

[日本史/鎌倉・室町・安土桃山時代]カテゴリの言葉

出典:青空文庫