• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

法華三昧の解説 - 学研 四字熟語辞典

心を集中して、法華経をきわめることに熱中すること。
注記
「法華」は、法華経のこと。「三昧」は、他をかえりみないほど、あることに熱中すること。
表記
「昧」を「眛」「味」などと書きちがえない。

キーワード[宗教・神仏]の四字熟語

「肝が据わる」と「肝が座る」正しいのはどっち? idraft by goo

gooIDでログインするとブックマーク機能がご利用いただけます。保存しておきたい言葉を200件まで登録できます。