• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像
奈良県生駒郡斑鳩 (いかるが) 町にある聖徳宗の寺。山号は、妙見山。山背大兄王 (やましろのおおえのおう) が、父聖徳太子の病気平癒祈願のため創建と伝える。もと法隆寺の末寺で、伽藍 (がらん) 配置も法隆寺式。飛鳥様式の三重の塔は昭和19年(1944)落雷で焼失、のち再建。飛鳥時代の薬師如来坐像・虚空蔵菩薩 (こくうぞうぼさつ) 像などが残る。三井寺。御井寺。法琳寺。法林寺。
京都市西京区にある真言宗五智教団の本山。山号は、智福山。和銅6年(713)元明天皇の勅願により行基の開創と伝える。十三参りの寺として有名。嵯峨虚空蔵。

[宗教・思想/仏教・儒教・ヒンズー教など]カテゴリの言葉