• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

どっちつかずの、落ち着かない気持ち。

「なまじいに一門には離れ給ひぬ、―ぞせられける」〈平家・七〉