1. (梵)pāramitāの音写。到彼岸・度と訳す》仏語。迷いの世界である此岸 (しがん) から、悟りの彼岸 (ひがん) に到達すること。また、そのための修行。六波羅蜜十波羅蜜がある。波羅蜜多 (はらみった) 。

  1. 《「ぱらみつ」とも》クワ科の常緑高木。葉は楕円形で革質。雄花と雌花とが咲き、円筒状の淡黄色の実を結ぶ。果実は食用、材は建築・器具用。インドの原産。ながみパンのき。ジャックフルーツ。

[宗教・思想/仏教・儒教・ヒンズー教など]カテゴリの言葉

[生物/植物名]カテゴリの言葉

出典:青空文庫