• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

浜田広介による童話。人間と友だちになりたい赤鬼と、彼が人間と仲良くなれるよう悪者役を引き受ける青鬼の友情と別れを描く。昭和8年(1933)の児童誌初掲載時の題名は「おにのさうだん」。翌年「鬼の涙」と改題。初めて「泣いた赤おに」の題があらわれるのは昭和12年(1937)の宏文堂版。