• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像
[動バ上二]わびしがって泣く。思い悩んで泣く。
  • 「我のみや世をうぐひすと―・びむ人の心の花と散りなば」〈古今・恋五〉