• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

泣いている子でも、目をあけて周囲の状況を見る。いくら思慮分別のない者でも、少しは時と場合とを考えて振る舞うものだ。