• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

泣斬馬謖の解説 - 学研 四字熟語辞典

大きな目的のためには信頼している部下でも、私情を捨てて、厳正な処分をすること。規律を保つためには、優秀な者であってもやむを得ず処罰しなければならないことのたとえ。
注記
「馬謖」は、中国三国時代、蜀しょくの諸葛亮しょかつりょうの部下。「泣いて馬謖ばしょくを斬る」と読み下す。可愛がっている部下などを私情を捨てて処分するときに用いる。
故事
諸葛亮は信頼していた馬謖が軍規に違反して戦いに敗れたとき、私情を捨てて、涙を呑んで処刑した。
出典
『十八史略じゅうはっしりゃく』三国さんごく・蜀しょく
難読漢字遊戯 漢検上位レベルの問題に挑戦! goo辞書

gooIDでログインするとブックマーク機能がご利用いただけます。保存しておきたい言葉を200件まで登録できます。