• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

目から血が出るほど、ひどく泣き悲しむこと。

「勅勘の御心情想像に堪 (たえ) ず実以て―の至りに奉存 (ぞんじたてまつり) 」〈染崎延房・近世紀聞〉